ニュース・レポート・ブログ

HOME > ニュース・レポート・ブログ > 【統計Update】訪日外国人消費動向調査結果 (2018年4-6月期)(速報)を公表 〜 消費額は1兆1,233億円に 〜
訪日外国人消費動向調査 統計データUpdate インバウンド対策レポート
【統計Update】訪日外国人消費動向調査結果 (2018年4-6月期)(速報)を公表 〜 消費額は1兆1,233億円に 〜
2018.07.25

観光庁は7月18日に最新の訪日消費動向調査結果(4−6月期)を公表しました。

 

訪日外国人消費動向調査(2018年4−6月期)の結果概要

訪日外国人の消費額

平成30年4-6月期の訪日外国人全体の旅行消費額(速報)は1兆1,233億円となり、前年同期(1兆776億円)に比べ約4%*増加しました。1月~6月の上半期の累計では、2兆2,354億円と推計され、昨年の上半期(2兆456億円)に比べ約9%*増加しました。

 

訪日外国人支出推移2018年

 

国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が3,620億円(構成比32%)と最も大きく、次いで、台湾1,502億円(同13%)、韓国1,302億円(同12%)となりました。これらに米国、香港を加えた上位5カ国で、消費金額全体の72%を占める結果となりました。

 

国籍別訪日外国人支出推移

 

一人あたり支出額

全国籍平均の一人あたり支出額では14.4万円となり、前年同期の16.5万円と比較して3.5%*減少しました。

国籍別では、オーストラリアの一人あたり消費金額が多く26.4万円となっており、スペイン(24.4万円)、英国(21.9万円)と続いており、欧米豪が上位を占めています。

 

訪日外国人一人あたり支出推移

 

費目別消費金額

費目別では、買物代が約35%と最も多く、次いで宿泊代、飲食費と続きました。

昨年と比較すると、飲食費の全支出に占める割合が2018年4−6月期は23%と昨年同期の19%と比べて拡大しました。一方で、買物代は35%と昨年(38%)と比較して、減少しました。

 

訪日外国人費目別支出比率

 

(*2018年より調査方法を一部変更しているため、前年同期比は参考値)

 

 

inbound insight(インバウンドインサイト)とは

ロケーション解析データを軸にインバウンド対策を成功に導くことを目的としたインバウンド対策総合支援サービスです。観光ビッグデータ分析ソリューション、統計データ分析ソリューション、インバウンド対策コンシェルジュを組み合わせることで、現状把握から施策実行まで最適なインバウンド対策支援をご提案します。

 

——————————————

 

<本記事に関するお問い合わせ>
株式会社ナイトレイ
セールス&マーケティング 
info@nightley.jp

 

お問い合わせ・資料請求 CONTACT / DOCUMENT REQUEST

inbound insight(インバウンドインサイト) に関する
お問い合わせ、資料請求は下記のボタンよりお気軽にご連絡下さい。