ニュース・レポート・ブログ

HOME > ニュース・レポート・ブログ > 【統計Update】8月の訪日外国人数は257万人。8月として過去最高
統計データUpdate インバウンドブログ インバウンド対策レポート
【統計Update】8月の訪日外国人数は257万人。8月として過去最高
2018.09.19

9月19日にJNTO(日本政府観光局)から8月の訪日外国人数の推計値が発表され、前年同月比+3.8%の257万人となり、8月として過去最高を記録しました。

8月までの累計は2,130万9千人となり、これまでで最も早いペースで2,000万人を超えました。

 

 

訪日外国人数推移(2017年vs2018年)

 

国籍別前年同月比比較

新規就航等による航空路線の拡充に加え、継続的に展開している訪日旅行プロモーションの効果もあり、訪日外客数全体としては昨年同月を上回りました。

 

一方で、大阪府北部の地震と豪雨の影響により、これまで訪日客数の伸びを牽引してきた東アジア市場の一部で、訪日需要が抑えられたことが、訪日者数全体の伸びの鈍化に影響を及ぼしました。

 

国籍別では、イタリア、スペインが単月として過去最高を記録したほか、16国籍(中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、ロシア)で8月として過去最高を記録しました。なお韓国からの訪日客は昨年と比較して減少しています。

 

 

JNTOは「台風21号や北海道胆振東部地震についても、 正確な情報発信を努めており、訪日旅行市場に与える影響については今後も注視していく」としています。

 

元データはコチラ:

https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/180815_monthly.pdf

お問い合わせ・資料請求 CONTACT / DOCUMENT REQUEST

inbound insight(インバウンドインサイト) に関する
お問い合わせ、資料請求は下記のボタンよりお気軽にご連絡下さい。