ニュース・レポート・ブログ

HOME > ニュース・レポート・ブログ > 【統計Update】訪日外国人宿泊者数(速報)8月は前年同月比20%増(772万人)
宿泊旅行統計調査 インバウンドブログ 統計データUpdate インバウンド対策レポート
【統計Update】訪日外国人宿泊者数(速報)8月は前年同月比20%増(772万人)
2018.10.03

10月1日に、観光庁は最新の「宿泊旅行統計調査」を公表し、8月の延べ宿泊者数の一次速報値、並びに7月の二次速報値を公表しました。

下記にポイントをまとめます。

8月延べ宿泊数 一次速報値

  • 訪日外国人の宿泊者数

8月の訪日外国人の延べ宿泊数(一次速報値)は772万人となり、前年同月比で20%のプラスとなりました。2017年3月以降、18ヶ月連続で前年同月比を超えて推移しています。

 

グラフ① 延べ訪日外国人宿泊者数推移
グラフ① 延べ訪日外国人宿泊者数推移
グラフ② 訪日外国人宿泊者数前年同月比
グラフ② 訪日外国人宿泊者数前年同月比

  • 国籍別特徴

国籍別では、人数は約226万人中国が最多。伸び率はインドネシアが前年同期比+48%で最多となりました。インドネシアに次いで、増加率で上位に来る国は、イタリア(+46%)、ベトナム(+40%)となっています。

グラフ③ 国籍別宿泊者数と前年同月比
グラフ③ 国籍別宿泊者数と前年同月比

7月延べ宿泊数 二次速報値(先月発表した数値の改定版)

  • 訪日外国人の宿泊者数

7月の訪日外国人の延べ宿泊数(二次次速報値)は859万人となり、前年同月比で16%のプラスとなりました。

(上記グラフ①、②参照)

  • 国籍別特徴

国籍別の伸び率ではイタリア(+51%)となり、次いで、オーストラリア(+36%)、フランス(+33%)、ベトナム(+31%)と続きました。

グラフ④ 国籍別宿泊者数と前年同月比
グラフ④ 国籍別宿泊者数と前年同月比
  • 都道府県別特徴

国籍別宿泊地を見ると、韓国人・中国人・台湾人・香港人は東京都での宿泊割合が他の国籍よりも低い事が特徴となっており、リピーター増加による旅行地の分散が要因の一つとして考えられます。欧米豪・東南アジアの多くの国は東京都での宿泊が中心となっていますが、欧米豪の国々は京都での宿泊割合が比較的多くあり、シンガポール人・タイ人・マレーシア人は北海道での宿泊も多いようです。またベトナム人の宿泊地割合において山梨県が多い傾向は7月にも見受けられました。

グラフ⑤ 国籍別宿泊都道府県
グラフ⑤ 国籍別宿泊都道府県

弊社の統計データ分析ソリューションを活用いただくと、上記のように簡単にデータの収集、ダウンロード、データを使ったチャート作成などが可能ですのでぜひ一度お試しください。

 

   

inbound insight(インバウンドインサイト)とは

ロケーション解析データを軸にインバウンド対策を成功に導くことを目的としたインバウンド対策総合支援サービスです。観光ビッグデータ分析ソリューション、統計データ分析ソリューション、インバウンド対策コンシェルジュを組み合わせることで、現状把握から施策実行まで最適なインバウンド対策支援をご提案します。

——————————————

<本記事に関するお問い合わせ>
株式会社ナイトレイ
セールス&マーケティング 
info@nightley.jp

お問い合わせ・資料請求 CONTACT / DOCUMENT REQUEST

inbound insight(インバウンドインサイト) に関する
お問い合わせ、資料請求は下記のボタンよりお気軽にご連絡下さい。