ニュース・レポート・ブログ

HOME > ニュース・レポート・ブログ > 【統計Update】9月の訪日外国人数は5.3%減の216万人
インバウンドブログ 統計データUpdate インバウンド対策レポート
【統計Update】9月の訪日外国人数は5.3%減の216万人
2018.10.22

10月16日にJNTO(日本政府観光局)から9月の訪日外国人数の推計値が発表され、前年同月比5.3%減の216万人となり、2013年1月以来、5年8ヶ月ぶりに前年同月を下回りました。

 

 

訪日外国人数推移(2017年vs2018年)

国籍別前年同月比比較

 

 

 

台風第21号の影響による関西空港の閉鎖や北海道胆振東部地震の影響による新千歳空港の閉鎖等により、航空便の欠航や旅行のキャンセルが発生しました。

訪日外客数の約7割を占める東アジア市場の韓国、中国、台湾、香港から関西及び北海道への訪日需要が停滞したことが、訪日外客数全体が前年同月を下回る一因となりました。

 

一方でイギリスを除くヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアでは両空港への航空便に欠航等はあったものの、訪日者数は増加傾向を維持しました。

 

国籍別では、15市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピ ン、ベトナム、インド、オーストラリア、アメリタ、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で9月として過去最高を記録しました。

 

 

JNTOはグローバルサイトにて、関西ならびに北海道の観光復興に向けたキャンペーンの情報発信をおこなっており、今後も観光復興に向けた支援事業等を通じ、 旅行需要の回復に取り組んでいくとしています。

 

元データはコチラ:

JNTO(日本政府観光局)訪日外客数2018年9月推計値

お問い合わせ・資料請求 CONTACT / DOCUMENT REQUEST

inbound insight(インバウンドインサイト) に関する
お問い合わせ、資料請求は下記のボタンよりお気軽にご連絡下さい。